We Love 印西

印西市マスコットキャラクターいんザイ君

【印西:桜巡り】満開の吉高の大桜を見に行ってきました。

f:id:inzai-papa:20190407215655j:plain小林牧場と並んで印西市の2大花見スポットとして名高い「吉高の大桜」、市のホームページで満開宣言が出ていたのでさっそく見に行ってみました。

 アクセス


住所は上記となりますが、桜の開花時期は交通規制が行われるので車で行く場合は印旛中央公園の駐車場(印西市瀬戸1518)から徒歩約25分となります。

f:id:inzai-papa:20190407221524j:plain国道464号「北総自動車学校」のすぐ先の地点でこのように看板が立てられ交通規制がされていて、大桜を見終わって帰る人、これから大桜へ向かう人が行き交っていました。
ちなみに僕は印旛中央公園の駐車場が朝から混んでいるとのことだったので、レアケースだと思いますが北総線「印旛日本医大駅」から徒歩でここまで来てみました。駅からこの地点まで約25分、ここから大桜のポイントまで約20分というところでした。ウォーキング好きな人でなければあえておススメはしませんがご参考まで(笑)

f:id:inzai-papa:20190407230151j:plain
先ほどのポイントから人の流れに従って歩くこと約20分、大桜のポイントに到着しました。
僕は初めて来たのですが想像していたよりも遥かに迫力がすごいです。

f:id:inzai-papa:20190407230915j:plain
樹齢300年を超えるというその神々しい姿に圧倒されます。
桜の種類は「ヤマザクラ」とのことですが、ソメイヨシノと比べるとその花びらの姿にも何か生命の逞しさみたいなものを感じます。

f:id:inzai-papa:20190407231509j:plain
神々しい大桜の後ろを振り返ると黄色い菜の花と濃いピンクの花桃の取り合わせが大変綺麗です。
まんが日本昔ばなしに出てくる「桃源郷」に来たような気分になれます。

f:id:inzai-papa:20190407232640j:plain
大桜の近くに峠の茶屋さんがあったので、入ってみることにしました。

f:id:inzai-papa:20190407233412j:plain
「たけの子ごはん(400円)」「たけの子みそ汁(300円)」「きな粉もち(300円)」を注文してみました。
どれも作り立てでとても美味しかったです。

f:id:inzai-papa:20190407233919j:plainとても名残惜しいですがじっくりと堪能した後で大桜を後にします。

「新・印西八景」にも選ばれているこの大桜は満開時期が2~3日しかないということで、今回たまたま土日に満開となったため見に行くことができて本当に良かったです。

大桜までの道のりも思っていたより大変ではなくちょっとしたハイキングという感じだったので、来年以降もタイミングが合えば是非訪れてみたいと思います。